ロレックスのオーバーホールは業者に任せましょう

高級時計として人気の高いロレックスですが、定期的なオーバーホールを行わないと機能が低下したりトラブルが起こる可能性があります。3年くらいのスパンでオーバーホールを行うのが良いと推奨されていますが、時計の種類によっても異なりますので、プロの技術を持った業者のスタッフにお任せするのがオススメです。業者の情報はインターネットで24時間調べられますので、多くの方から評判の良い業者を選んで依頼するのが最適です。ロレックスに限らず機械式の時計は定期的にオーバーホールを行う必要があるため、信頼できる業者を知っておくといざという時に便利です。全国各地で修理を請け負っている業者が沢山ありますので、地元の業者を中心に定期的に情報をチェックしてください。せっかく高級時計を購入したわけですから、長く使えるようにメンテナンスもしっかり行ってください。

ロレックスをオーバーホールする前に知っておく事

一般に知られている通り、世界に名だたる高級腕時計のロレックスは長い間愛用可能な逸品として人々から好まれています。しかし長い間使える、といえども、元々は機械ですから、その精度を衰える事なく保つ為にはオーバーホールという作業を行う事が望ましいとされています。これは具体的には5年に一度位は時計の中を分解して各部の掃除をしたり、油をさしたり、微調整を行う事ですが、この作業を行う事で、末永く購入時と同じようによい状態を保つ事が可能です。ロレックスのオーバーホールといえば愛好者の中ではある程度当たり前の時計の健康診断のようなもので高い時計を維持する為の維持費とでも考えるとよろしいでしょう。大体金額的な目安としては5万円位が相場、そして日数的には1ヶ月程といわれています。部品などの交換があるとそこに少し費用が加算されますが、よいものを持つ人の投資、と考えるといいかもしれません。

ロレックスのオーバーホールはメーカーか民間か

ロレックスのオーバーホールをする場合、正規品でなければオーバーホールをしてもらえないのではないかと不安を感じる人も少なくありません。しかし、日本ロレックスでは並行輸入も受け付けているため、安心してお願いできます。日本ロレックスに依頼をするべきか、民間の時計修理店に依頼するか迷う人もたくさんいますが、正規ならではの質の高いやり方でしてくれ、販売されている30年以内の部品を全て取っておいてあるので、メーカーに頼んだほうが安全と考える人も増えてきました。対して民間の時計修理店の場合、部品が無い物も少なくなく、生気の部品を使ってもらえないリスクを考慮してください。もちろんメーカー純正のものであれば質が高く、せいじつに手入れをしながら使い続ける事で生涯使い続けることが可能です。どちらがいいのか事前に考えて申し込んでください。